情報セキュリティポリシー

情報セキュリティ宣言

制定: 2005年11月1日
最終改訂: 2020年 8月 1日
NRMレコードマネジメントグループ
NRMホールディングス株式会社
代表取締役社長 金山 克己
日本レコードマネジメント株式会社
代表取締役社長 仲田 英明

NRMレコードマネジメントグループにとって情報資産(情報および情報システム等)は、事業活動において、重要な資産であり、また情報セキュリティ事故を未然に防止することは、社会的な責務です。
当グループは、情報セキュリティ上の脅威から情報資産を保護するために、業務プロセスを定め、様々な視点でリスクを分析して、情報資産を正確かつ安全に取り扱います。
そして、経営戦略に沿った情報セキュリティを実現するために、社内外の環境変化に伴うリスクを見直して、セキュリティ対策の継続的な改善に取り組みます。
更に、お客様の信頼に応えていくため、「情報セキュリティ基本方針」を定め、これを実施することを宣言します。

  • 1.  当グループにとっての重要な情報は、客先情報と個人情報である。
  • 2.  当グループは、重要な情報資産の機密性、完全性、可用性の確保に努める。
  • 3.  当グループは、客先との契約と法的または規制要求事項を尊重する。
  • 4.  当グループは、情報セキュリティを確立するための諸施策を確実に実施する。
  • 5.  当グループの、情報資産の利用・運用に係る全従業者は、情報セキュリティ関連規則を遵守する。

以上