HOME > 事例紹介 > ナレッジマネジメント・情報資産の蓄積と有効活用をサポート

ナレッジマネジメント
・情報資産の蓄積と有効活用をサポート

不動産会社の改善前の状況

  • 販売の終了した物件の記録情報を見ることは、ほとんどない。
  • 特に技術的なニーズから見ることはあまりない。
  • 再度見るのは、お客様の問い合わせがあった時であるが、プロジェクト
    が解散していて担当者が明確でないことが多い。
  • 原本は期限までは廃棄できない(たとえ電子化しても)。
  • 販売時の物件名が企画段階の記録情報には付いておらず、
    当時のプロジェクト名のファイルを探す必要がある。
  • 特に管理部門は自部署の記録情報しか管理 しない。

一元的な運用管理と関連記録情報検索データベース

長期保存の記録情報は、レコードセンター(外部倉庫)を利用
物件ごとに管理する記録情報と一般管理記録情報の2つのDBを作成
保存記録情報は各部署で管理せず1箇所(記録情報管理窓口を設置)で管理
  一元的な運用管理と関連記録情報検索データベース

NRMのレコードマネジメントソリューション&サービス例

NRMのレコードマネジメントソリューション&サービス例

相談・お問い合わせはお気軽にご相談ください。
  • 電話からのお問い合わせ
  • 03-3258-9059(直通)
  • 営業開発部:木村・小山内まで
  • Webからのお問い合わせ

    お問い合わせ