HOME > お知らせ一覧 > 「働き方改革」における支援サービス

「働き方改革」における支援サービス

「働き方改革」には必要な文書(通達、連絡、決裁、マニュアル、その他関係資料 等々)が必要なとき、どこからでも、必要とする人が迅速に検索閲覧・利用できる「電子文書管理システム」の構築が必要です。

働き方改革が目指すもの

「働き方改革」は今、あらゆる企業・組織にとって重要な課題となっています

「働き方改革」には電子文書管理システムの構築が必要不可欠です

すべての「仕事」は情報(文書・手順書など)の入手からはじまる…

企業や組織における全ての「働き(業務)」は連絡、通達、報告、決裁など一般文書や規程、手順書など基準やルール、又は図面や過去の記録、データ等々いろいろな文書や資料の検索、閲覧、確認から始まります。 新しい企画、立案、計画には関係する文書・資料を参考にして新しい文書を作成します。又、会議や打合せにも必ず文書・資料が必要です。 すなわち「働き方改革」にはまず必要な文書資料が必要なとき、いつでも、誰でも(必要とする人)、すぐ(迅速に)取出せる「文書管理システム」が必要不可欠です。